住宅ローンの借り入れ方法

住宅ローンの借り入れ方法は、借入先の銀行選びが一番大切な作業となります。契約する銀行の決め方やローン借入れの方法について紹介しています。

住宅ローンの借り入れ方法

住宅のイラスト
住宅ローンを利用する場合には、まずは契約をする銀行に目星をつけます。

契約する銀行を決めた後は、仮審査の手続きをする必要があります。

店舗から仮審査を行う方法と、ネットを利用して仮審査をする方法があります。

仮審査がクリアすると、次は、本審査になります。

仮審査は、自分自身で入力した項目によって、年収に応じた借り入れ額が適正であるかどうかを審査されるのです。

しかし、本審査の場合には、様々な書類を集め、個人信用情報などを参考に
・他社からの借り入れがないか
・返済が滞っている物がないか
・債務整理の経験がないか
など、様々な観点からその人に返済能力があるかどうかを審査されます。


本審査は店舗から契約することになりますし、銀行によって、本審査の際に提出する書類に違いがあります。

本審査は全ての書類が揃わなければ審査を行うことができません。

本審査をクリアすると、住宅ローンの返済が開始します。

ネット銀行を利用する場合、店舗へ出向くことがなく、必要書類を送付することで、本審査がクリアとなれば、住宅ローンの開始となります。

ネット銀行を利用する場合、
・毎月の返済額
・希望年数
・固定金利の年数
なども相談する行員がいませんから、自分自身で決定しなければいけないことが多いです。

その分、金利が安く設定されている場合が多いですし、入出金手数料がいつでも無料となるなど、様々なサービスが付いていることが多くなります。

それだけに一般的な銀行よりも、返済額を抑えることができるでしょう。

 

住宅ローンの定義


住宅ローンとは、住宅を購入する時に、銀行で組むローンの事を呼びます。

住宅を新規で購入した場合や、他行と現在住宅ローンの取引をしてる場合に借り換える時や、リフォームをする時など、住宅ローンを組むことができます。

住宅ローンは銀行からお金を借りるわけですから、金利がつきます。

銀行によって、金利やサービスが異なりますから、住宅ローンを組む場合には、様々な銀行と比較をし、検討する必要があるのです。

住宅ローンを組む時には、金利優遇を受けることができる場合もありますから、できるだけ金利優遇されるような銀行の方が、金利分の支払いを安く済ませることができますから、お勧めです。

住宅ローンの契約をする場合には、必ず仮審査と本審査がありますから、審査にクリアしなければ、契約をすることができません。

1店舗の銀行から断られてしまった場合でも、審査は銀行によって異なりますから、複数の店舗に審査依頼を出すのも良いでしょう。


住宅ローンの契約をする場合、諸費用がかかることが多くなりますが、住宅ローンに組み込んで返済することができる場合が多くなっています。

諸費用も銀行によって違いますし、定率型と、定額型と変更をすることだけでも、諸費用や金利に差額が生じますから、無理のない返済を行うことができると良いでしょう。

住宅ローンの契約は固定金利にするか、変動金利にするかによっても、金利には差が生じますから、様々な観点から住宅ローンを見極める必要があります。


 
管理人