住宅ローンの借り入れ方法

住宅ローンの借り入れ方法は、借入先の銀行選びが一番大切な作業となります。契約する銀行の決め方やローン借入れの方法について紹介しています。

住宅ローンの金利

金利の推移

住宅ローンの金利は毎月変更になります。

金利は銀行によって違いますから、金利で住宅ローンを選ぶ場合には、できるだけ安い金利である銀行と契約をする方が返済総額を減らすことができます。

大手銀行の場合、金利が高い場合が多く、地方銀行がその次に金利が安い傾向で、一番金利が安いのは、ネット銀行であるとされています。

金利優遇を受けることができるのもネット銀行や地方銀行の方が多く、大手銀行の場合には、金利優遇を受けるための条件が厳しい事もあります。

銀行によっては、条件なしで、誰でも金利優遇を受けることができるような銀行もあります。

金利を上乗せすることによって、団体信用保険とは別に、病気の時に、住宅ローンの返済をせずに済むような保険の契約をすることができる場合もあります。

金利だけで選ぶのであれば、ネットを利用し、様々な住宅ローンの金利比較を掲載しているサイトを利用すれば、参考になるかと思います。

そのようなサイトをチェックすると、金利が高い場合のサービスなども掲載されていますから、参考にしてみると良いでしょう。

金利は契約年数によって違いが生じます。

固定金利の契約を長くすればそれだけ金利は高くなりますが、将来的に、金利が高くなることが予想される場合には、長期固定の金利にすることが良いでしょう。

変動金利は、その時の金利で一番低い金利となりますが、今後、金利がいくらまであがるかがわかりませんから、不安に感じる人も少なくありません。

 
管理人